忍者ブログ
池 松 哲 朗
― Tetsurou Ikematsu Official HomePage ―
        池松哲朗 Official Blog

     «【Official HomePage Top】
[227]  [226]  [225]  [224]  [222]  [223]  [221]  [216]  [219]  [220]  [217
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とうとうこの日がやってまいりました。
♪ふ~じ~は~に~っぽんい~ち~のおやま~♪

新宿から高速バスで御殿場まで…。
しかし、出だしからいきなり予想外の大渋滞…。
そうよそうよそうなのよ、今日は3連休の真ん中、おまけにETCの普及で東名高速は大賑わい、
バスの運ちゃんは申し訳なさそうに「90分遅れで到着の見込みです」と言ったものの、途中で
到着予定を更に「110分遅れで到着の見込みです」と下方修正…。

しかも車窓からは嵐のような景色が…。

こんな天候で、しかも時間は押しまくり…、ほんまに登れるんかいな…。
そんな不安も今更ですよ、もう引き返せないんだぜオレたち…。
とにかく行って見なければ始まらんでしょうと御殿場駅からバスで五合目まで…。

でもね、神様は我々を見捨てなかったですよ。
「山の天気は変わりやすい」とはよく言ったもの、五合目に着くころには青空も顔を
出すほどに晴れてきやした…。
高山病対策…、五合目でしばし体を慣らしていざ出発…。
「池松さん、すげえ顔色悪いですよ。大丈夫ですか?」
「いやいや、これは日焼け止めのせいで…」
「いや、ほんとに顔、白いです。やばいっす」
誰も信じてくれないのでやむなくウェットティッシュで全部ふき取ってやりましたよ。

おかげですっかり焼けてしまった…。
まあ、そんなに陽射しは強くなかったんで良かったけどね。
むちゃくちゃ暑いわけでもなし、ある意味絶好の登山日和になったわけですわ。



そうはいってもここは富士山、登るうちに少しずつ気温も変わってきて、しかも
またぱらぱらと降ってきてしまったのでレインウェアをごそごそと取り出しました…。

今回は10人での登山やってんけどね、実は経験者ゼロ、全員が富士山童貞…。
登山の本とかWebでの情報を頼りにせいいっぱい調べたんですが、まともに登山道具
を揃えたら5万円近くいくぢゃないの!!!!

そんなね、二度も三度も登るか解らん登山のためにそんなお金かけてられません。
中には1万以上するレインウェアや登山靴を揃えられた方もいらっしゃいますが、
私みたいな貧乏人はそんなこと出来ません。

ドンキで買った1980円のレインウェア…。
不安ではあったけど…、いや、ばっちりでした。
透湿性にすぐれたやつとかも売ってたけど、別に防寒着を用意すると荷物がかさばる
ので、あえて通気性のないやつにしたのが良かった。
頂上まで寒さ知らずでしたな。
(^-^)V

このあとすげえ雨に見舞われながらも、陽が落ちる前に何とか宿泊地でもある七合目
「太陽館」に無事到着…。

いやあ、しかし山小屋の環境は想像以上やったね。
10畳位のスペースに20人位の他人男女が混合で宿泊、しかも20年前位から敷きっぱ
なしであろう砂まみれの布団の上に、無造作にばら撒かれている寝袋…。

(:_;)
申し訳ないっすが、今度もし富士山に登ることがあるとすれば日帰りがいいでつ…
でもね、山小屋からの景色は綺麗でしたよ。
ほら、写真をクリックして拡大してみ…
偶然にも虹がかかってて、ちょっぴり感動…。

うわさに聞いていた豚汁食べ放題で明日の登頂へのエネルギー
を蓄えて、今日のところはおやすみなさい…。

ってね、そんなにうまくはいかんよ!!
9時消灯って言われても寝れんし、おまけにまさかの高山病の予兆が!!
(ToT)
頭痛いし、何気に酸素薄い感じがわかるのよ。
用意しておいた携帯酸素を吸ってみても効果があるのかないのかイマイチわからん…。

売店は24時間やってるので寒い中、外に出てホットココア飲んだりしたけどなかなか
すっきりせず。

富士山って夜中でも登ってる人が結構いて、ココア飲んでた時に、半袖シャツに短パン
で、しかも小さいリュックしょってひょいひょい登っていく外人(しかも一人)を発見
して、外に出てた4人で絶句したよ…。

結局その夜、頭痛は引かず…何時に寝たかは定かではないけど、気がつけば夢の中…。

さてさて明日はどうなることやら。

後編に続く…。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
辛かったぁ~
今回の富士登山は良い思いでになりました。
辛かったけど、皆より歩くのが一番遅かったけど、
でも楽しかったです。
素晴らしい景色と澄んだ空気が忘れられません。
山頂ではすぐに霧が出てしまいましたが、
登山中に見た景色は、他では味わえない絶景です。
あと山頂での強風も凄かった(;´Д`)
風に飛ばされたら、先は断崖絶壁・・・・・
全員無事のご帰還で、ホットしました。
また後編で、コメントしますね。
では~
kazuchan 2009/08/07(Fri)19:09:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
News!!
池松哲朗Live情報!!

2013'05/06(mon)
新高円寺STAX FRED

 OPEN18:30 START19:00
  ¥2000(+1Drink)
http://staxfred.com
最新コメント
[07/09 池松哲朗]
[06/26 のりごん]
[06/24 池松哲朗]
[06/24 やまやん]
[06/18 池松哲朗]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
池松哲朗
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1971/03/21
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(07/19)
(07/20)
(07/20)
(07/20)
(07/20)
カウンター
カテゴリー
">未選択(14)
">テスト(17)
">パンダマン(3)
">てんぺんちい(57)
">建築ばなし(4)
">きゃら(14)
">日常(113)
">ほーむぺえじ(19)
">かんさいネタ(15)
">裏ぶろぐ(15)
">建築・土木ばなし(3)
">あいてぃー(32)
">経済(2)
">音楽(3)
">阪急電車(4)
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]